練馬高松園

介護初任者研修イメージ 介護初任者研修イメージ

当法人は平成12年介護保険制度施行と同時に開所し、特別養護老人ホーム、デイサービスセンター、ショートステイ、在宅介護支援センター、居宅介護支援事業所を運営しています。
当法人の介護職員初任者研修は各事業所の職員が講師を務め、実習・演習も練馬高松園及び第2練馬高松園にて行いますので、 実務に基づいた研修を受講する事ができます。
※令和2年度の開催は新型コロナウイルス感染症の流行により中止となりました。

介護職員初任者研修とは

介護保険法の改正に伴い、平成25年4月よりヘルパー2級研修が介護職員初任者研修へと移行されました。
介護職員初任者研修は、これまで複雑だった介護福祉士の養成体系を分かりやすくすること、 介護業界で生涯働き続けることができるようにする為に、介護職の入り口として新たに始まった研修です。
介護に関する知識・技術・それを実践する際の考え方のプロセスを身に付け、 基本的な介護ができるようになります。 全過程終了後、筆記試験を受けて頂き、合格者には修了証を交付します。
この機会にあなたも福祉の公的資格を取得しませんか。

練馬区の受講料助成について

一定の要件を満たす方は、
練馬区からの受講料助成(9割相当額)が受けられます。
詳細は練馬区のホームページにてご確認下さい

東京都の資格取得支援事業について

 

本研修は介護職員資格取得⽀援事業の対象研修(4名まで)です。
人材センターが行う「職場体験」を終了された⽅は無料で受講できます。

または練馬区東京都福祉人材センターホームページをご覧ください。

令和2年度 介護職員初任者研修情報

受講生の声 (受講生アンケートより抜粋)

【平成30年度 修了生より】

  • 3か月間お世話になりました。充実した日を送ることができ、良かったです。
  • 職員の方たちがとてもやさしく、質問にも答えていただき、受講してよかったです。
  • 実際に現場で仕事していらっしゃる方々の経験とかが聞けてとても参考になった。
  • 全て良かったのですが、特に「入浴、清潔保持に関した介護」はご自身の体験を踏まえた講義(演習)で、心に響く内容でした。
  • 移動、移乗に関する介護。専門的な知識が学べてよかった。介護する側も楽に行えるように、実際やってみると大変だった。
  • テキストとパソコン等で資料を使ってわかりやすく行っていただけました。
  • 皆さん日常業務の合間を準備に充ててくださり、ありがとうございました。プライベートの時間で資料を作成している方もいらっしゃり、わかりやすかったです。
  • 介護職員としての体験等を組み込んで講義され、大変参考になり、理解できた。
  • 参考資料も多く、これからの介護の仕事にも参考になってよかった。
  • 研修前はただ大変な仕事というイメージだった。研修を終え、大変であることには変わりないが、知識を持ち働くことによりやりがいのある仕事だと思った。
  • 実際に実習を行い移乗の大変さを経験し、職員のありがたさを改めて感じた。
  • つらいイメージが強かったが、現場の職員の方のポジティブで仕事に対する意識の高さに、介護のイメージは変わりました。家族(親)の世話に対してもポジティブに接するようになれたと思います。
  • 従事している方々の技術の高さに驚きました。
  • (介護は)やや暗いイメージがあったが、前向きの明るいイメージに変わった。
  • 大変な仕事だと思った。様々な分野の知識が必要だと感じた。健康で長生きが最も良いとしみじみ感じた。

申し込み方法

  1. 1

    まずは、練馬高松園総務課まで、お気軽にお電話ください。

    TEL 03-3826-8341(土日を除く 8:30〜17:30)

  2. 2

    介護職員初任者研修の申込み書類一式を送付致します。

  3. 3

    受講希望の際は、申込書類一式の提出、受講料のお支払いをしていただきます。

  4. 4

    申込書類一式を受付し、受講料納入確認後、当法人から受講決定通知書、 教材一式を送付致します。送付物を確認し学習を開始して下さい。

受講の申し込み、お問合せはこちらまでどうぞ

お電話にて随時受付しております

03-3926-8341
(総務課担当まで)

シュートステイ
テイサービス